すすむ

藤掛株式会社とは

昭和3年に藤掛が浅草の寿町で創業したのが始まりです。 浅草という立地で劇場関係の衣装にご愛顧いただき、当時は土間で畳張りだった店舗の当時からご来店いただいているお客様も現役で活動されています。 平成21年にネットショップを開設し、平成22年に中国の浙江省、杭州にて藤掛貿易有限公司を設立、その後平成24年に日暮里にフリカケをオープンし、徐々に事業を拡大しています。

本社事務所は本店と同じ建物内にあり、営業部、染色部、ネットショップ運営、配送など様々な部署が動いています。

history01

昭和30年代前半のフジカケの店舗前です。ミス東京さんがご来店でしょうか。
店舗前の黒塗りの車の周りにはたくさんの人だかりができています。

history04

ミス東京、ミスユニバースのモデルさんにご来店いただきました。
当時のショップ袋がレトロでいい味を出しています。

history03

モデルさんに、洋服を仕立てるための生地をお選びいただいています。
当時はほとんどの生地が巾狭で板巻きの状態で販売していました。

history03

モデルさんの隣にいる男性は創業者の藤掛謙次です。
現在の会長の祖父にあたります。
昭和38年に紺綬褒章を受章しました。

history03

フジカケ野球チームです。
こちらに写っている従業員は全員退職していますが、現在いるスタッフの中には写真に写っているスタッフと同時期に働いていた者もいます。

また、この中には独立して会社を立ち上げ、現在でも取引がある方がいます。

history03

試合前の一場面。これから試合とあってか、気合が入っています。

当時はお店の前から試合に向かっていたんですね。

history03

昭和34年、2階建ての建物の隣に鉄筋コンクリート地下1階、地上4階建社屋(フジカケビル)が完成しました。

完成披露の為に新築落成式が行われています。2階にまで届く巨大な花輪をいただきました。今ではこのサイズは考えられません。

history03

当時フジカケビルの周りには高い建物はほとんど無く、ビルの屋上からは上野松坂屋と富士山が見えました。

フジカケオリモノの看板はネオンサインでした。時代を感じます。
現在、店舗前に走っている新堀通りには路面電車が走っていました。車もレトロでお洒落です。

history03

フジカケの屋号はかねい(かない)という屋号です。
鉤括弧の部分はL字の金尺を表しています。

history05

〒111-0042 東京都台東区寿1-21-6
TEL 03-3843-0021
FAX 03-3841-8376
MAIL info@fujikake21.co.jp
営業時間 9:30~17:30
定休日 日・祝祭日(不定休あり)