すすむ

georgette

ジョーゼット

ジョーゼット生地とは

ジョーゼット生地の概要

「ジョーゼット」の正式名称は「ジョーゼット・クレープ」または「クレープ・ジョーゼット」と言います。 一般的には「ジョーゼット」と呼ばれています。 「ジョーゼット」はクレープや日本の縮緬(ちりめん)の一種で、シボのある織物のこと。 一般的にはシボが綺麗に出ていて柔らかいものが高級で、シボが少なくぺたっとしたものが安価とされています。 安価なものは糸の密度も低く、縫いにくいといった特徴もあるので、生地選びにはご注意ください。

ジョーゼット生地の用途

ブラウス、ドレス、羽織物や洋服の袖、装飾などによく使われます。 ふんわりとしていて、繊細さと優美さ、高級感があるので、ダンス衣装やパーティー用のドレスなどにおすすめです。

ジョーゼット生地の特徴

ジョーゼット生地の特徴

「ジョーゼット」はとても薄く、向こう側が透けているものも多く見られます。 薄いがゆえに、軽いというのも特徴です。 布の表面に細かい凹凸(シボ)があり、しなやかでドレープ性が高く、独特のシャリ感があります。 光沢はあまりありません。 たて・よこ両方に弾力性があるので、シワになりにくいといった特徴もあります。 生地に表れるシボがジョーゼットの特徴で、より綺麗にシボが出ているものが高級なジョーゼットです。 ジョーゼットは無地またはプリントのものがあります。

ジョーゼット生地の素材

「ジョーゼット」は当初は絹で織られたものを指したが、現在では絹とレーヨンで混紡されたものや、合成繊維で織られることが多くなっています。 ジョーゼットに似たものとして「シフォン」や「デシン」があります。 「シフォン」はジョーゼットよりも糸の撚り数が少ないため、シボが少なく、透け感が強い生地。 「デシン」は経糸に撚りのない糸、緯糸に強撚糸を使い、微妙なシボを出した、品がよくしなやかな生地。 また、梨地織りで織り、ザラザラ感を出した「梨地ジョーゼット」などもあります。

ジョーゼット生地の変遷

ジョーゼット生地の歴史

「ジョーゼット」という名前は、20世紀の初め、フランスでドレスメーカーを営んでいた婦人服商人「ジョーゼット夫人(Mdm.Georgette de la Plante)」の名前から付けられたと言われており、もともとは生地の名前ではなく、商標名だったそうです。

ジョーゼット生地の組織

経糸・緯糸共にS撚りとZ撚りの強撚糸を2本ずつ交互に使い、平織りにした縮緬生地の事を言います。たて・よこ両方にシボが均等に表れる経緯縮緬になっています。

ジョーゼット生地の位置づけ

「ジョーゼット」は薄い生地なので、保温性・保湿性がほぼなく、春夏用もしくは衣装用などで多く使われます。 透けるほど薄い生地で、糸の密度も低いため、ひっかかりなどに弱い繊細な生地です。 着用回数の多い普段着よりは衣装用などにおすすめです。

フジカケのジョーゼット生地

おすすめのジョーゼット生地

【無地】 ・50番ジョーゼット 舞台衣装などに最適な50デニールのジョーゼット。40色以上の色展開がございます。 ・1999シホンジョーゼット 75デニールのジョーゼット。ダンス・バレエ衣装などにおすすめ。 ・2500スーパーカチオン 50番ジョーゼットを発色のよいカチオン染料で染めました。 【柄物】 ・GCマジソンボーダー 薄手のジョーゼットにグラデーション状にぼかしプリントを施しました。 ・4281マジソンボーダー パールシホンにグラデーション状にぼかしプリントを入れました。 ・シェードオフGC 薄くて柔らかい風合いの花柄のようなぼかしプリントを入れたジョーゼットです。

注釈

※強撚糸…撚りを多くした糸。固くシャリ感のある糸になります。ジョーゼットや縮緬などのシボのある織物を織る際に使用します。糸の太さにもよりますが、一般的に撚り数はフィラメント糸で約1,000~3,400回/m、綿糸で約38~45回/inch。撚り系数では5以上のものを言います。 ※縮緬(ちりめん)…表面にシボのはっきり出た織物の総称です。緯糸にS撚りとZ撚りの強撚糸を交互に使い。経糸には無撚糸を使うことが多いです。緯糸に強撚糸を使ったものを緯縮緬、経糸に強撚糸を使ったものを経縮緬と言います。