すすむ

ayaori

綾織り

綾織りとは

綾織りの概要

「綾織り」とは、平織り・繻子織りと並ぶ織物の三原組織(基本となる3つの組織)の一つで、経糸・緯糸3本以上で構成され、糸の交差が斜めの線として現れ畝として見える組織の事を言います。斜めの畝を「綾目」と言い、綾織りの生地は「ツイル」や「斜文織り」とも呼ばれます。綾織りで有名な生地はデニムで、サージ・ギャバジンなども綾織りの一種です。 綾織りは非常に種類が多い織り方です。

綾織り生地の用途

身近なところで言うと、ジーンズやチノパンが綾織りで織られた製品です。 厚地の生地を織ることができるため、スーツやズボンなどによく使われます。 生地自体の強度は平織りよりは劣るものの、厚地の生地で織ることができるため、ワーク系ファッションによく使われています。 綾織りの生地は、コットンやウール、ポリエステル、ナイロン、キュプラなど、全ての素材を綾織りで織ることができます。

綾織りの特徴

綾織りの特徴

経糸または緯糸を浮かせて織る織り方なので、織物の表面の綾目ができるのが特徴です。できあがった模様は左右非対称になります。糸が浮いており、糸が交差する点が少ないため、平織りに比べ摩擦にやや弱いが、光沢感のある生地に仕上がります。 また、糸の密度を高くして厚地の生地を織ることができ、ふくらみのあるソフトな風合いで、伸縮性があり、シワが寄りにくいといった特徴があります。

綾織りの組織

平織りが経糸・緯糸を1本ずつ交互に組み合わせて織るのに対し、綾織りは経糸と緯糸が交互ではなく、経糸が複数の緯糸をまたぎ、ずらして織る織り方の事を言います。経糸2本・緯糸1本の順や、経糸3本・緯糸1本の順で浮かせて織ります。 綾織りには経糸が多く浮いている「たて綾」と、緯糸が多く浮いている「よこ綾」の2種類があります。また、糸の浮き方により「三つ綾」「四つ綾」などがあります。 ・「三つ綾」…3つの組織点(糸が交差する点)で1循環となる綾織りのこと。  ・「2/1の綾」…「たて綾」の場合、経糸2本、緯糸1本の順に浮いている綾織りのこと。 ・「四つ綾」…4つの組織点で1循環になる綾織りのこと。  ・「3/1の綾」…「たて綾」の場合、経糸3本、緯糸1本の順で浮いている綾織りのこと。一般的には四つ綾で3/1綾の織物を「ツイル」と呼んでいます。  ・「2/2の綾」…「たて綾」の場合、経糸2本、緯糸2本の順に浮いている綾織りのこと。 などがあります。 「よこ綾」の場合は経糸と緯糸が逆になります。 「2/2の綾」は表裏が同じような綾目に見えるため「両面綾」とも言います。綾目の角度が45度なのが特徴です。 通常の綾織りは綾目が右肩上がりで、「右綾」「正斜文」と言い、左肩上がりの綾織りは「左綾」「逆斜文」と言います。 また、綾目の角度が45度程度のものを「正則斜文」、急な角度のものは「急斜文」、緩やかなものは「緩斜文」と言います。 一般的に双糸使いの綾織りは右綾、単糸使いの綾織りは左綾が多いです。 これは双糸の糸の撚りが「S撚り(右撚り)」、単糸は「Z撚り(左撚り)」であるためです。 撚り方向の異なる経糸・緯糸を使って生地を織ると撚り方向が一致するため、綾線を綺麗に表現することができます。 ただし、例外はあり、例えばデニムは単糸使いですが、右肩上がりの綾目で織られています。一般的には双糸使いの右肩上がりの織り方が高級品とされています。

その他の綾織り生地

綾織りの種類

綾織りには様々な種類があります。 ・「変化斜文織り(ファンシーツイル)」…綾織りを変化させた織り方で、「フランス綾」とも呼ばれています。太い綾目と細い綾目、太い綾目と太い綾目など、はっきりした綾目の斜文線の綾織物の事を言います。 綾目の角度はかなり急で、右肩上りの右綾が多いです。 柔らかく落ち着いた光沢のある、高級感あふれる織り方です。 ・「破れ斜文織り(ブロークンツイル)」…綾目がブツ切りになった、デニムなどに使われる変化組織の綾織りです。綾組織を数本ずつ右綾で織り、続いて数本ずつ左綾で織るという工程を一定の間隔で繰り返すと綾目がとぎれとぎれの織物になります。綾目の方向を細かく変えると綾目は見えなくなり、ブロークンツイル独特の滑らかさと、綾織りによく起こる「ねじれ」が出ないという特徴があります。 ・「山形斜文織り」…ヘリンボーンに代表される変化組織の綾織りです。綾織り(斜文織) の経糸または緯糸の順序を変えて山形の斜文線を表す織り方です。

フジカケの綾織り生地

おすすめの綾織り生地

【無地】 ・SS2100ハードツイル パニエの土台に使われる綾織りのポリエステル生地です。 ・20135ツイルストレッチ ストレッチ性のある綾織りの生地です。仮縫いや裏地などにおすすめです。